TOP 教育と進路 委員会・部活動紹介

教育と進路

委員会・部活動紹介

中高一貫校ならではの特徴として、野球部、サッカー部を除くすべての委員会、クラブ活動は、中高生が一体となって活動しています。
先輩たちによる下級生の面倒見がよく、高校生と中学生との間の垣根が低いのが本校の伝統です。

  • 委員会1
  • 運動部
  • 文化部
  • その他(同好会他)

中学生徒会

高校生徒会とともに、学校生活全般に関して生徒の意見を取り入れながら、さまざまな改善に取り組んでいます。
中学体育祭では、体育委員会と協力して実行委員会を組織し、運営にあたります。

高校生徒会

中学生徒会と協力しながら、学校生活全般について、その改善に取り組む一方、クラブ活動や委員会活動全体を統括し、生徒会自治の中心として役割を果たしています。そのほかにも、他校の生徒会との交流や様々なボランティア活動にも取り組んでいます。

図書委員会

当番制で休み時間や放課後に貸出業務を担当する他、機関誌「ロールベール」の発行、文化祭では展示と古本市の開催、その他、他校の図書委員会との交流なども行います。

放送委員会

休み時間の校内放送業務の他、イベント担当委員が文化祭など生徒主催の各種イベントで使用するPAシステム(放送設備)や照明の管理、操作を一手に引き受けています。

保健委員会

日々の保健室業務を当番制で手伝いを行うほか、文化祭においては毎年健康に関するテーマを決めて、研究発表を行っています。その発表は、文化祭で最も優れた活動を行った団体に贈られる「文化祭大賞」を度々受賞するほど、毎年高い評価を受けています。

体育委員会

日常の体育の授業の準備や片づけなどを中心になって行うほか、中学は中学体育祭、高校はスポーツ大会を、それぞれ実行委員会の中心になって運営を担っています。

文化祭実行委員会

学校最大の学校行事である文化祭の運営を担う組織です。毎年、テーマを決めて、特色ある文化祭つくりを目指しています。東日本大震災以降は、支援カンパの実施や物産展の開催など、東北支援のための取り組みも、継続して行っています。

アーチェリー部 

中学生、高校生が合同で、皆で仲良く活動をしています。入学時はほぼ全員がアーチェリー初心者ですが、先輩や上位入賞常連のコーチの方々の丁寧な指導を受け、また互いに切磋琢磨しあって技術を磨いています。今年度の目標は、団体戦優勝です!

剣道部 

獨協に入学してから剣道を始めた初心者から長年続けてきている部員まで、一丸となって稽古をしています。稽古日には、七段の師範の先生に来て頂いて指導を受けています。ここ数年、大会での実績をはじめ、高校2年部員全員の三段取得など実力を伸ばしてきています。

硬式テニス部 

中学生、高校生合わせて70名を超える部員を高校2年生が練習メニュー等を考えながら引っ張っています。伝統的に体育会系の雰囲気で活動をしています。入学時は皆ほぼ初心者ですが先輩やコーチの指導を受け、互いに切磋琢磨しあって技術を磨いています。

中学サッカー部

中学生だけで活動しています。部員は各学年約20名。狭いグランドですが、効率的に練習しています。中体連の文京区大会のほか、東京都私立中学校大会等に参加しており、夏休み期間中は長野県白馬で合宿を行っています。

高校サッカー部

高校生部員のみで活動している獨協でも珍しい部です。週三回の校内での練習だけでなく、休日には積極的に対外試合を組み、サッカー技術の向上、大会での勝利を目指し、厳しい活動をしています。

柔道部

勉強あってのクラブ活動であるという文武両道が基本方針です。クラブの目標に向けて、部員が一丸となって練習に取り組む中から生まれる協調性や、信頼関係には確かなものがあります。また進学結果でも好成績を残しているクラブです。(柔道部OB会専用HPを持ち、活動報告を適宜、報告させていただいています)

水泳部

獨協にはプールが無いので、普段は公営プールで練習しています。そこで、日ごろの欲求不満は合宿で一気に爆発! 合宿が終わる頃には、全員真っ黒に日焼けした「トビウオ」に変身。さあ、来年はキミも僕たちの仲間に!

スキー部

我がスキー部は、競技スキーと呼ばれるタイムを競うレースに参加し、良い成績を残すために日々活動しています。中学生、高校生合わせて20数名の少数精鋭(?)の部員は、スキーシーズンの12月の合宿、1月の大会をめざして、校内でのオフ・トレーニングに励んでいます。

ソフトテニス部

週3回、中学生と高校生が一緒に、和やかに、かつ一生懸命に活動しています。高校2年生が中心になって、練習メニューを考え、技術の向上を図るため、皆で日々励んでいます。初心者にも、先輩たちが一から丁寧に指導をしています。

卓球部

週3日、中学生と高校生が仲良く活動しているクラブです。ここ数年、中学は区大会で3位以内に入賞し、都大会への出場を果たしています。
お互いに切磋琢磨し、今後は高校生の活躍にも期待がもてるクラブです

バスケットボール部

中学・高校合同の大きな部活です。全国優勝の経験を持つ張替コーチのもと、全員「バスケ命」でがんばっています。初心者、経験者共に大歓迎。6年間苦楽を分かち合うことで、かけがえのない仲間を多くの生徒が作っています。

バレーボール部

体育会系の雰囲気からは最も遠い感じの運動部といったクラブです。高2の夏にデビューしたチームで、高3の総体予選までの間に公式戦で1勝することを最低限の目標に活動し、ここ10年間それは達成できています。そろそろ念願の都大会出場を果たしたいものです。

ハンドボール部

小学生にはほとんど知られていないハンドボール。未知のスポーツへの興味から入部した部員は、先輩の見よう見まねでキャッチボールやシュート練習を行い、顧問・先輩の指導で競技のむずかしさ、楽しさを体験しています。

ラグビー部

ラグビー部は、中高一貫の練習を行っています。中学と高校共に毎年チームの目標を掲げ、それぞれのキャプテンを中心に全員ラグビーを大切にした活動を行っています。練習は週3回のグランド練習と1回のトレーニングを体力・技能に合わせた内容で行っています。
また、保護者の協力を得ながら長期休暇中に校外施設を借り、普段できない練習も活動の一環として行っています。2012年度はU18東西対抗戦に東軍として部員3名が選出され出場しました。

陸上部

わが校の陸上部にいるからといって、足が速いとは限りません。速い人も遅い人も、それぞれが目標に近づくために毎日の練習をしているのです。現在、高1の部員を中心にとてもよくまとまっています。

中学野球部

部員は中学生のみで、軟式ボールを使って週3回以上活動しています。グラウンドが狭いのでケージの中でバッティング練習をして、中体連に加盟し三つの大会を目標に頑張っています。その他の私学大会には、3年生が参加しています。

高校野球部

漫画のように熱く燃えたぎるような野球部を目指しています。勝って号泣、負けて号泣、涙・・涙の3年間。坊主頭で気合を入れ、毎日練習しているのに甲子園は遥か遠方。けれども、31人全員で完全燃焼しています。

ワンダーフォーゲル部

ワンダーフォーゲル部は登山をする運動部です。月1回の日帰り登山では、関東近郊の山を登ります。年に3回の合宿はテントを持って、北アルプスや南アルプス、東北の山々をめぐります。規模の小さい部ですが、中1から高2まで顧問と一緒に仲良く活動しています。

演劇部

よりよき人生、ドラマチックな青春、血わき肉おどるアクションを日夜追求しています。今世紀に入ってから、国立劇場やソウルでも公演しました。男子校の中でも都内人気ナンバーワンを自負しています!

化学部

化学部は、化学実験をやりながら物質の性質を研究してる理科系の部活です。毎回、自分たちで実験のテーマを選び、みんなで相談しながら研究を進めています。テーマとしては、色が変化するものや派手な実験がよく選ばれています。

軽音楽部

J−POPから洋楽まで、バンド単位で練習を重ねています。週3回の校内練習と、夏の合宿、外部スタジオでの練習で腕を磨き、文化祭や年度末のライブで演奏を披露しています。08年からは東京都高等学校軽音楽連盟にも加盟し、コンテストにも参加。また、演奏のレコーディングも定期的に行っています。

吹奏楽部

中学高校合わせて約40名からなり、夏に行われる「吹奏楽コンクール」金賞を目指して日々練習に励んでいます。また、20回を数える「定期演奏会」や獨協祭でも演奏を行います。指導は音楽教諭の他に専門のコーチやOBなどがあたります。音楽大好きなメンバーばかりで、活発で明るい部です!

生物部

生き物が大変好きな有志が集まっています。特に、魚類、両生類、昆虫、鳥などの生き物を中心に飼育や研究を行っています。春と冬には野外観察会を実施し、毎年夏には主に長野県を中心とした場所で、採集や観察を通し部員相互の親睦を深める楽しい合宿を行なっています。

鉄道研究部

毎年、合宿は遠隔地に出かけます。昨年の夏合宿は北陸でした。これ以外にも日帰りの旅行会を行っています。文化祭では大型のレイアウトに加えて、5インチゲージの電車も走らせています。近年は毎年夏にビックサイトで行われる模型コンテストにも参加しています。

天文部

宇宙について興味のある同志が集まって、天体観測を行ったり、太陽系や宇宙についての学習会を行ったりしています。合宿では毎年流星観測を行っています。

PC部

PC室を活動場所として、フラッシュによるクイズや画像関係のものを制作しています。現在は中3が中心になって活動しています。部の活動目的は、他人が作ったものを単にながめていることではなくて、自分たちで何かを制作するということです。

美術部

週に2回、中学生と高校生がいっしょに和気あいあいと活動しています。油絵を中心に水彩画・デザイン画・立体造形作品などを制作しています。文化祭や生徒ホール、生徒面談室に作品を展示しています。

理工学研究部

電気電子や機械的なものの製作や分解などをしています。共同製作では全学年の生徒がチームに分かれて、ラジコン応用の運転シミュレータやUFOキャッチャもどき、赤外線の光線銃システムなどの開発をしてきました。個人製作のものも取り組んでいます。アマチュア無線のクラブ局JQ1ZELもあります。

歴史研究部

他校にはあまりないクラブだと思います。中高生一緒に年ごとに1つのテーマを決め、関連する本を一緒に読みながら勉強し、合宿や月ごとの見学会でテーマに関わる史跡や博物館を見学しています。さまざまな歴史の事件の場にいくこと、その現場風景を見ることを大事にしています。

ドイツ語同好会

ドイツ語に興味があるという諸君が週末に集まって活動しています。中学1年生はABCから始め、高校生はドイツ語検定の準備にいそしむというように、それぞれのやり方でドイツ語に親しんでいます。こじんまりとした同好会ですが、みんな気分はドイツ人です。

思考ゲーム同好会

自分たちでオリジナルのボードゲームを作っています。そうは言ってもなかなか難しいもので、市販されているゲームはよく考えられていると感心させられます。でも、あきらめず、挑戦を続けています。少人数ということもあり、現在同好会に格下げ中。来年は部活への再昇格を狙います。

模型同好会

模型同好会は、模型製作技術の向上を目的として、週3回活動中。
培った技術は、文化祭での単作、部全体での合作に活かしています。
今年度は中一も入部し、なかなか賑やかな部活になりました。

数学同好会

整数や図形、パズル的なものも含め互いに持ち寄った問題を解いています。中学生には別の問題を用意しています。

緑のネットワーク

生徒と教員が一体となって作り上げた「ゼロエネルギービオトープ」は、学校における新たな試みとしてテレビでも紹介されました。現在はビオトープ管理の他、屋上緑化にも取り組み、そこでの栽培データを元に学会発表も行っています。

モバイルサイト
環境委員会 緑のネットワーク通信