トピックス
  • NEWS
  • トピックス

TOPICS

  • 柔道部の中学2年生 仲宗根 大河君が、東京都中学校第4ブロック新人柔道大会大会で第3位に入賞し、表彰されました。

  • 1学期の授業(中学Ⅰ年 書写・高校1年 書道)で製作した作品が、第24回 埼玉県書道芸術展で入賞し、表彰されました。また、学校としても、優秀団体賞として表彰されました。

    〔中Ⅰ〕

    「審査員特別賞」毛筆自由  橋本寛祐君

    「埼玉県芸術文化祭奨励賞」 毛筆自由 屋代将貴君

    「時事通信社賞」 硬筆  飯野 瑛君

    ※この他に、推薦賞が4名、特選賞が15名が入選しました。

    〔高1〕

    「推薦賞」 毛筆自由 古賀雄大君

    「特選賞」 青沼 翼君

     

     

  • 9月21日(土)・22日(日)の両日、獨協祭を開催しました。

    当日は、文化部や中学生による日ごろの活動の成果の発表、運動部が中心となって営まれた模擬店、中夜祭や後夜祭をはじめとしたイベント、有志によるカフェや校舎内イベント、PTAによる喫茶、カレー・うどん・そばの販売、バザー、同窓会による展示発表など、バラエティに富んだ企画が盛りだくさんでした。

    心配された天候も、日中は雨に降られることなく、多くの皆様にご来場いただき、盛況のうちに終えることができました。どうもありがとうございました。

  • 今週末、9月21日(土)・22日(日)の両日、獨協祭が開催されます。

    9月21日(土) 9:30~15:30

    9月22日(日)9:30~15:30

    生徒たちの日ごろの活動の成果や、この日のために準備したイベントなど多くの企画をご用意して、皆様のご来場をお待ちしております。

    文化祭実行委員会の生徒が制作したサイトもご覧ください。

    文化祭実行委員会のページ

     

  • 7月末から8月初めまでの12日間、高1の希望者対象に、アメリカのイエローストーン国立公園を主な滞在地とする、イエローストーンサイエンスツアーに12日間出かけました。

    モンタナ州ボーズマンからイエローストーンを縦断しユタ州ソルトレイクシティに至る、800㎞を超えるバスの旅です。現地では、公園内の動植物観察、独自の地形が作り出す生態系についての学習だけでなく、モンタナ州立大学の見学、フードバンクでのボランティア活動、化石発掘など、多岐にわたる活動を行いました。

    今回は、研修の目的を「自然との向き合い方や自然に対する考え方を学び、これからの地球を考え、行動できる人間となること」と設定して実施しました。現地講師の方でイエローストーンの専門家であるスティーブ先生とは、毎晩、1日の活動を通しての意見交換をするためのミーティングで活発な意見交換が行われました。

    ここで学びの成果は、9月21日(土)・22日(日)に行われる獨協祭で展示発表される予定です。

  • 今年度も、高校1年生希望者対象に、シアトル郊外を主な舞台として、3週間のホームステイが実施されました。

    午前中に行われた英会話の授業では、講師の先生とティーチングアシスタントの方による実践重視の授業が行われ、最終日のプレゼンテーションに向けた準備も並行して行われました。

    午後には、現地で日本語を勉強している高校生がカンバセーションバディとして加わって、スポーツや湖でのバーベキュー、その他にもマリナーズのMBL試合観戦、シアトルダウンタウン見学を行いました。

    また、ワシントン大学でのスカベンチャーハント、スタンフォード大学での見学および研究者の方の講演、現地で活躍する日本人パイロットの方のお話、フードバンクでのボランティアなどから、多くのことを考えさせられたようでした。

  • 中学3年生の希望者対象に、福島県にあるブリティッシュヒルズでの英語研修が3泊4日で実施されました。

    「パスポートのいらない英国」と呼ばれる施設では、英語が共通語とされ、国内に居ながらにして英国の生活を体験することができます。

    午前と午後の授業のほかに、各国の文化やマナーを学んだり、班対抗の簡単な実験、英語で教わりながらスコーン作りなどを行いました。

    また、事前に用意した2分間スピーチ原稿をもとに、スピーチの手法を学んでうえで、スピーチコンテスを実施しました。夜遅くまで練習をする生徒もいて、最終日には3名が表彰されました。

    参加した生徒にとっては、充実した4日間となりました。

     

  • 夏休みに入ってすぐ、2泊3日の行程で、クラスごとに、中学1年生は臨海学校へ、2年生は林間学校へ行きます。
     
    〔中学1年 臨海学校〕
     
    中学1年生は、千葉県館山市にある「獨協学園 海の家」へ行きます。
     
    今年度は準備から臨海学校委員が大活躍。事前に学年会の先生からレクチャーを受けた臨海学校委員が、他の生徒や保護者の方へ向けて、行程や持ち物、注意点などを説明、現地でも、開校式をはじめ、全行程で臨海学校を仕切りました。
     
    水泳実習では、泳力に応じて、小遠泳、シュノーケリング、浜辺での練習を行い、全体ではすいか割りを楽しみました。夜には「館山海辺の鑑定団」の方々による「館山の海の楽しみ方」の講演やクラフト作成と充実した2泊3日を過ごしました。
     
    〔中学2年 林間学校〕
     
    中学2年生は、長野県小諸市にある「獨協学園 日新寮」へ行きます。
     
    高峰高原 池の平湿原での高山植物観察や浅間山の外輪山である黒斑山への登山、夕食はカレー作りやバーベキューを火おこしから班ごとに行いました。
     
    登山や夜の学年企画であるクラフトづくりでは、浅間山麓国際自然学校の方々のご指導にご指導いただき、安全で楽しく行うことができました。
     
    中学2年生の林間学校も、林間学校委員がしっかり仕切り、夜のクラス企画では大いに盛り上がりました。
                      
  • 6月21日(金)駒澤第一球技場において中学体育祭を実施しました。

    心配された雨にも降られず、どの学年も、これまで練習してきたことをしっかりと披露し、力を出し切ることができました。

    中学1年生の集団演技では、前年度同じ演技を披露した上級生たちが、後輩に向かって大きな声援を送ってくれました。中学2年生の集団演技では、生徒による号令の下でリズム運動が、中学3年生では運動動作のコマ送りが披露されました。

    クラス対抗で行われた今年度は、徒競走や騎馬戦などの得点種目で競い、各学年で優勝チームを決め、それぞれ表彰されました。

    〔中学1年〕

    〔中学2年生〕

    〔中学3年生〕

  • 6月6日~10日の日程で、ドイツシュヴェリーンのエコレアインターナショナルスクールから、高校生9人と先生2人が本校を訪れました。

    登校初日は、ホストブラザーの生徒、緑のネットワーク委員会の中学生、教職員とともにささやかなパーティを行いました。パーティでは、渡辺校長とエコレアインターナショナルスクールの先生でお互いにご挨拶、両校生徒から互いの学校の紹介を行い、最後は「歓喜の歌」をドイツ語で熱唱しました。

    期間中は、ホストブラザーと一緒に、ドイツ語や英語、柔道、体育、現代文、古典などの授業に出席しました。現代文や古典では、本校生徒が校歌や百人一首の説明を行い、古典では一緒に「坊主めくり」を楽しみました。

    土曜の午後は、緑のネットワーク委員会や生物部とコラボ。今回の訪日の目的の1つでもあった、本校の環境教育の取組の説明を受けた後、屋上菜園を見学しました。

    週末はホストファミリーと一緒に過ごしました。生徒たちは、互いの文化の違いを認識したり、英語やドイツ語学習のモチベーションを高めるきっかけともなる、貴重な経験をすることができました。