校長あいさつ
  • 学校紹介
  • 校長あいさつ

校長あいさつ

獨協中学校を目指している小学生の皆さんへのメッセージです。

獨協は
温かい気持ちを持った人間で、
できています。

中学・高等学校校長渡辺 和雄

小学生の皆さんへ

入試へ向けて、勉強、順調に進んでいることと思います。今は余裕がなくて大変かもしれませんが、皆さんが今続けていることは、将来にきっと(つな)がります。それは、懸命(けんめい)に取り組んでいることが皆さん自身を成長に導いているからです。
獨協は温かい気持ちを持った人間でできています。それは、お互いがお互いを「支える」ことの大切さをみんなが知っているからです。みんながお互いを支えればお互いを支える人たちだけがいる社会ができます。そんな社会を作るために生徒たちは学んでいます。さまざまな体験をしています。皆さんがそのような獨協の一員になってくれる日を楽しみにしています。
これからの時代は今まで以上に新しいことが求められます。新しい時代を生きていくためには柔軟(じゅうなん)性と強さが必要です。新しい時代を作っていくためには広く、深い知識、教養、思考力が求められます。獨協での6年間はそれを身に付けるための6年間です。獨協が教室での勉強以外に体験学習を重視していることはそれと関係があります。だから、獨協生は6年間で大きく成長します。
今の努力が実って、皆さんが獨協の一員となる日を心待ちにしています。

6つの辺で構成される土台(Foundation)は、6年間で人間として男子として大きな成長を遂げる獨協教育の象徴です。
生徒たちは1年1年しっかりと人生の基礎を積み重ね、6年後にはその上に自分の未来を築いていく確固とした “Foundation”(土台)を作り上げていくのです。