トピックス
  • NEWS
  • トピックス

TOPICS

  • 今夏の参議院議員選挙から選挙権が18歳以上になるともない、受験を終え卒業を前にした高校3年生に対して、「主権者教育」が行われました。

    当日は、東京都選挙管理委員会の方にお越しいただき、選挙についての説明を受けた後、模擬投票を行いました。

    目白区という架空の選挙区で立候補した3名の立会演説を聞いた後、本物の投票台、投票箱、投票用紙を用いての投票です。

    最後に社会科教員から、民主主義の根幹をなす選挙に対する心構えの話がありました。

    明日(3月10日)は卒業式です。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    熱のこもった演説です。

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

     OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

     

     

     

     

  • この度、吹奏楽部は下記の要領で「第29回定期演奏会」を開催させて頂くことになりました。ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上、是非お越し頂きたくご案内申し上げます。

     

    日時:2016年3月28日(月)

    開場 18:00   開演 18:30

    場所:かつしかシンフォニーヒルズ・モーツァルトホール

    入場無料(チケットはございません)

    青砥駅徒歩5分(京成線・都営浅草線直通)

     

    チラシはこちらからご覧になれます↓

    獨協定期演奏会

  • 「昭和46年3月1日改正」

    と生徒手帳に記されている生徒会会則。この度、臨時生徒総会を経てなんと45年ぶりに改正となりました。

    これは、ここ数年歴代の生徒会執行部が取り組んできた課題のひとつで、現高校3年生の代が成案を作り、2年越しで今年度の執行部が生徒総会までこぎつけました。

     

    それにしても45年間というのはどういうことなのでしょうか。現行の生徒会会則を読むと、現在の生徒会の「かたち」ではない部分が多々あります。委員会の名称や仕組みなどは典型的なものです。きっと、長い歴史のなかでその時代ごとにさまざまな事情から、生徒会の活動は変化してきたと思われます。しかし会則を直すのを後回しにしたため、今となってはどこでどうなって現在のかたちになったのか、誰もわからなくなっていたのです。

     

    このもつれた紐をほどくのは容易なことではありませんでした。現在の生徒会が行なっている活動を整理し、文書化することから始め、全生徒に会則改正の意義を伝える。あちこちの学校で耳にする話ですが、「生徒会」って「執行部(役員)」のことでしょ?という生徒の意識。ひとつのクラブ活動と同等に思っているのが現実です。生徒総会にこぎつけるためには、「生徒会」というのは「生徒全員」で組織しているものなんだよ、という意識を少しでも持ってもらわなければなりませんでした。

     

    2年間のなかには、それぞれが進級しクラス替えもあり、新しく中学1年生も入ってきました。1年目で積み上げた学級委員を中心とする会議もいったん解散し、4月から仕切り直し。先輩からバトンを受け取ったものの、途中めげそうになったこともありました。それでも、高校2年生を中心とする生徒会執行部と学級委員のみんなで力をあわせて、知恵をしぼりながら前に進んできました。これも、昨年会則改正のために奔走した高校3年生の熱い志がしっかり伝わっていたからなのかもしれません。

     

    会則改正はこれで終わりではありません。新しい会則のもと、4月からどのような生徒会活動を描き、獨協生として理想の学校生活を築いていくのか、バトンは再び次の学年に引き継がれます。

     

    DSC_0018b

     

    DSCF7794a

  • 本日4校時、国立天文台より先生をお招きして「ふれあい天文学」講座が実施されました。国立天文台の企画に応募し、2010年から毎年中学2年生を対象に実施させてもらっています。

     

    今年の講師は、家正則名誉教授でした。家先生はハワイ島マウナケア山頂にある「すばる望遠鏡」の建設・観測にご尽力されており、現在は新しい望遠鏡TMT計画の推進者の一人でもあります。テーマは「ハワイの超大型望遠鏡で見る宇宙」。高校2年生でハワイ島の修学旅行を実施する本校にはぴったりのテーマでお話いただきました。

     

    難しい話になるのではないかと若干心配もありましたが、家先生のお話はレベルの調節が絶妙でした。中学2年生の知的好奇心をうまくくすぐりながら、飽きさせずあきらめさせない展開。最後に質疑応答の時間を設けましたが、たくさん手が挙がり、いい質問が続出しました。45分ではもったいない。生徒も、教員も、大満足の講座となりました。

     

    IMG_8203a1

     

    IMG_8210b

     

    IMG_8216a2

  • 2月11日(祝)10時、片瀬江ノ島駅前には100名ほどの高校生たちが集結していました。

    吉祥女子中学・高等学校、攻玉社中学・高等学校、共立女子中学高等学校、獨協中学・高等学校の4校で企画した「海岸清掃プロジェクト」が始まろうとしていたのです。

     

    ポスターには「楽しみながら社会に貢献して、ここでしか作れない友達と素敵な思い出を作ろう!」とあり、立案からサポートしてもらえるNPO探しと交渉などを各校の生徒会を中心とする高校生たちがすべて行ないました。各校生徒会の呼びかけで、本校からは28名の生徒が参加しました。

     

    海岸は、近くの学校の運動部がトレーニングをしていたり、冬のマリンスポーツを楽しむ人たちでにぎわっており、その間をぬってゴミ拾いを行ないます。それにしてもいろんなゴミが落ちているものですね。お菓子の袋の類はもちろんのこと、歯ブラシ、釣り針やルアー、学ランのカラー・・・。

     

    途中トビに狙われながらがんばってお昼を食べ、食後に少しレクリエーション(班対抗大縄跳び選手権)をして、午後もゴミ袋とトングを持って班ごとに浜に広がっていきました。砂浜を何往復もするのは、けっこう足にくるものですが、さすが高校生は元気です。15時に再び全員集合して閉会式を行う頃にはみんなうちとけて、なんだか1つの高校みたいでした。新しい友達は作れたかな? 帰り際の駅では名残惜しそうな光景が。また機会があったら、こんな企画をやりましょうね。

     

    20160211095902as

     

    20160211103601as

     

    20160211105220as

     

    20160211110125as

     

    20160211110638as

     

    20160211112753as

     

    20160211125326as

     

     

  • 2月7日(日)、高校1年生対象の地学野外実習が(ようやく)実施されました。今年は、2学期に企画されていた実習が、予備日も含めて悪天候で中止。初めてのことでした。当初はこれで終わりの予定でしたが、何人かの生徒が「3学期にやりたい!」と言ってきたことから、もう1回だけチャンスをつくることにしました。2月の休日の晴天率を調べて、一番確率の高い日に設定。しかし、直前の天気予報には雪マークが・・・。またか!?

    当日は、夜半過ぎに雪がちらついたようですが、朝には晴れており、ハラハラしながらも開催にこぎつけました。寒風吹くなか、城ケ島の海岸で地層の観察。昼食も冷蔵庫のなかで食べているような感じでしたが、午後まで頑張りました。

     

    IMG_1574a

     

    彼らを最後まで悩ませた地層はこちら。この貝みたいな、礫みたいな粒はなんだろう?? 答えは教えません。自分たちで詳細に観察したことからヒントを見出し、調べたこととあわせて総合的に考える。教科書や問題集では学べない学力を養うこと。それがこの実習の目標です。レポートが楽しみです。

     

    IMG_1588a

  • 今年で3年目となるOB講演会。今年度も同窓会のご協力の下、中学3年生から高校2年生を対象として、2月6日(土)に行われました。

    今年度は、朝日新聞社元外報部長の亘理信雄氏による講演「ドイツで見た私の現代史  ~ベルリンの壁崩壊」でした。

    ベルリンの壁が崩壊した当日現場で取材されていた臨場感あふれるお話や、現代ヨーロッパの動きからアジアを考える視点をいかに持つかといったお話を、分かりやすく生徒に語ってくださいました。

     

     HP掲載

     

  • 冬休み期間中の事務室窓口取扱いについて、以下のとおりお知らせします。

    特に学割(生徒旅客運賃割引証)の発行を希望する場合には取扱期間にご注意ください。

    事務室窓口取扱い期間について